フェラーリマニア.com> フェラーリ車種別情報 > フェラーリ575Mマラネロ [ FERRARI 575M MARANELLO ]



フェラーリ575Mマラネロ [ FERRARI 575M MARANELLO ]


フェラーリ575Mマラネロ [ FERRARI 575M MARANELLO ]

フェラーリ575Mマラネロ関連グッズはコチラ

2002年3月のジュネーブショーに出品され、大きな話題を呼んだ。

フェラーリ575Mマラネロは2002年5月に日本でデビューした。
1996(H8)年に日本に導入されたスーパーラグジュアリィクーペ・550マラネロのマイナーチェンジモデル。
フェラーリ550マラロからネエンジン、ギアボックス、インテリアなどすべてに改良が施されていて、キセノンヘッドランプシステムの採用や、タコメーターを中央に配したインパネ、パワーシートなどの最新テクノロジーが注ぎ込まれている。

フェラーリ575Mマラネロの「マラネロ」はフェラーリの本社工場がある村の名前である。
フェラーリ575Mマラネロの「575」は排気量5748ccを表す。
フェラーリ575Mマラネロの「M」は“Modificata”(改良)の頭文字である。

フェラーリ575Mマラネデザインはピニンファリーナ。デザイン的にはフェラーリ550マラネロをほぼ継承するクラシカルなロングノーズ・ショートデッキルックス。


フロントに搭載される伝統のV12DOHCエンジンは、その名前通りフェラーリ550マラロの排気量5.5リットルからフェラーリ575Mマラネロの5.75リットルに引き上げられ、最高出力515ps、最大トルク60.0kg-mを発揮する。
V型12気筒エンジンで、325km/hの最高速を誇る。

フェラーリ575Mマラネロは市販12気筒フェラーリとして初の2ペダルセミAT6速ミッションのF1マチックを搭載した。
F1マチックとはクラッチペダルがなく、ハンドル奥にあるパドルを操作するだけでシフトチェンジを可能にするもの。
早くからレースでF1には導入されていた。
通常のクラッチワークを必要とする6MTもラインナップされている。

車名 フェラーリ 575Mマラネロ フェラーリ 575Mマラネロ
グレード LHD(MT_5.7) F1_LHD(AT_5.7)
メーカー希望小売価格 \26,880,000 \27,930,000
型式
駆動方式 FR FR
ドア数 2 2
全長 (mm) 4550 4550
全幅 (mm) 1935 1935
全高 (mm) 1277 1277
ホイールベース (mm) 2500 2500
最低地上高 (mm) - -
トレッド前 (mm) 1632 1632
トレッド後 (mm) 1586 1586
乗車定員(人) 2 2
車両重量 - AT(kg) 1750
車両重量 - MT(kg) 1730 -
最小回転半径 (m) 5.8 5.8
サスペンション前 ダブルウィッシュボーン ダブルウィッシュボーン
サスペンション後 ダブルウィッシュボーン ダブルウィッシュボーン
ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後 ベンチレーテッドディスク ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ前 255/40R18 255/40R18
タイヤサイズ後 255/35R18 255/35R18
フェラーリ575Mマラネロ [ FERRARI 575M MARANELLO ]関連記事はコチラ