フェラーリマニア.com> フェラーリ車種別情報 > フェラーリF40 [ FERRARI F40 ]



フェラーリF40 [ FERRARI F40 ]

フェラーリF40はフェラーリ創立40周年を記念して設計製造された限定車で、フェラーリ創始者のエンツォ・フェラーリが生前自ら発表した最後の車である。
フェラーリF40は限定車であるか人気の高さによって増産が続き1992年までに1300余台が生産された。

フェラーリF40は当時フェラーリのF1チームに在籍していたゲルハルト・ベルガーが開発を担当した。 フェラーリF40のデザインはピニンファリーナによるもの。

歴代のフェラーリの中でも根強い人気のある自動車と言われ、当時現役のF1ドライバーに、「雨の日には絶対に乗りたくない」「雨の日は絶対にガレージから出すな」などと言わせたとの逸話もある。

車体の基本構成は楕円鋼管チューブラーフレームによるスペースフレーム方式。
1960年代のフェラーリ製レーシングカーや従来の市販フェラーリと同様だが、当時開発されたばかりのメノックス、カーボン、ケブラーなどの複合素材や構造部接着剤といった最新のマテリアルを組み合わせた半モノコック構造とし、高い剛性を得ている。
当時のF1マシンに採用されていたアルミハニカム素材も使用されている。

フェラーリF40は1984年に登場したグループBホモロゲーションモデルであるフェラーリ288GTOの発展型だ。
フェラーリ288GTOはWRC参戦を目論んで発売された前任車。
フェラーリ288GTO、およびその改良版フェラーリ288GTOエヴォルツィオーネから引継ぎ、改良を加えた強力なインタークーラー式ツインターボエンジンを搭載している。

最高時速は324km/h。


車名 フェラーリF40
グレード LHD MT_3.0
標準価格 \45,000,000
型式 E-F40
駆動方式 MR
ドア数 2
全長 (mm) 4430
全幅 (mm) 1980
全高 (mm) 1130
ホイールベース (mm) 2450
最低地上高 (mm) 100
トレッド前 (mm) 1594
トレッド後 (mm) 1610
乗車定員(人) 2
車両重量 - AT(kg)
車両重量 - MT(kg) 1100
最小回転半径 (m)
サスペンション前 ダブルウィッシュボーン
サスペンション後 ダブルウィッシュボーン
ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後 ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ前 245/40R17
タイヤサイズ後 335/35R17
フェラーリF40 [ FERRARI F40 ] の関連記事はコチラ