フェラーリマニア.com> フェラーリ車種別情報 > フェラーリF50 [ FERRARI F50 ]



フェラーリF50 [ FERRARI F50 ]

フェラーリF50はフェラーリF40に続く限定スペシャルモデルとして1995年にフェラーリ社が創設50周年を記念して製作し、フェラーリの創始者、亡きエンツォ・フェラーリに捧げられた自動車である。
フェラーリF50は1995年春のジュネーブショーで公開された。

フェラーリF50のデザインはピニンファリーナ。
ラジエターからの放熱用にえぐられたフロントセクションのエアアウトレットが印象的だ。

フェラーリF50の開発コンセプトに掲げられたのは「公道を走るF1」といわれ、カーボンコンポジット製のセンターモノコックにエンジンをストレスマウント化し、F1マシンそのままの高剛性な車体構成を公道を走る車として初めて採用した。

フェラーリF50のエンジンはF1用3.5リッターV型12気筒DOHC5バルブエンジンのエンジンブロックを流用し、排気量を4.7リッターに拡大した自然吸気のエンジンを使用している。
最高出力は520bhp/8500rpm、最大トルクは48.0kg-m/6500rpm、最高時速は325km/h。

フェラーリF50が世界で販売された台数はたったの349台。
このうち日本に正規輸入されたフェラーリF50は35台。
新車価格は日本円で5000万円。

フェラーリF50は0→100km/h加速がの3.9秒。


車名 フェラーリF50
グレード
標準価格 50,000,000
車両寸法・サスペンション・ブレーキ
型式
駆動方式
ドア数
全長 4480mm
全幅 1980mm
全高 1120mm
ホイールベース 2580mm
トレッド前 1620mm
トレッド後 1602mm
最低地上高
乗車定員
車両重量[AT] 1230kg
車両重量[MT]
最小回転半径
サスペンション前
サスペンション後
ブレーキ前
ブレーキ後
タイヤサイズ前
タイヤサイズ後
エンジン・トランスミッション
エンジン型式 水冷65度V型12気筒チェーン駆動DOHC5バルブ
動弁機構 DOHC
エンジン種類 V型12
バルブ数 5
使用燃料
総排気量 4700cc
ボア x ストローク
圧縮比
最高出力 520bhp/8500rpm
最大トルク 48.0kg-m/6500rpm
過給器 最高速度:325km/h
燃料供給装置 電子制御気筒毎順次燃料噴射
燃料タンク容量
トランスミッション
10・15モード燃費(km/L)
60km/h定地燃費(km/L)



フェラーリF50の関連記事はコチラ