フェラーリマニア.com> フェラーリ車種別情報 > フェラーリディーノ308GT4/フェラーリ308GTB/フェラーリ308GTS [ FERRARI308 ]



フェラーリディーノ308GT4/フェラーリ308GTB/フェラーリ308GTS [ FERRARI308 ]

フェラーリディーノ308GT4はフェラーリ246GTの後継モデルとして1973年のパリ・サロンにデビューした。

フェラーリディーノ308GT4の「ディーノ」はフェラーリの創始者、エンツォ・フェラーリの一人息子であるディーノに由来する。
フェラーリディーノ308の「308」は3リッターのV8に由来する。
V8エンジンを搭載するスモールフェラーリの誕生である。

フェラーリディーノ308GT4のデザインはピニンファリーナ。
リトラクタブルヘッドラトに丸目4灯を搭載している。

3リッターのV8を横置きミッドシップ搭載し、フェラーリとしては珍しいベルトーネ・デザインのボディをまとった2+2クーペだ。ボディの材質は当初FRPが採用されていた。主要マーケットである北米での安全基準を満たすためにボディはスチール製に改められる。FRP製の308GTBの生産台数は200台未満といわれている。

これをベースにした本格的な2シータースポーツが1975年のパリ・サロンに登場したフェラーリ308GTBだ。
フェラーリ308GTBの最後の「B」はベルリネッタを意味している。
(フェラーリ308GTBは「ディーノ」はつかない。)

フェラーリ308GTBは、今日まで連綿と続くミッドシップV8フェラーリのルーツ的存在となっている。
比較的安価な量産スポーツカーとしてフェラーリ308シリーズが生まれ、フェラーリ史上最大のヒット作となった。
これはやがてフェラーリ328、フェラーリ348と発展し、フェラーリF430へと続いていくV8フェラーリの系譜となる。
フェラーリ308GTBのパワーユニットである3リッターV8DOHCは、デビュー当初255ps/30.0kgmを発揮した。

1977年のフランクフルト・ショーにはデタッチャブル・ルーフのフェラーリ308GTSが登場する。
フェラーリ308GTSの最後の「S」はスパイダーを意味している。

1981年にはインジェクション化され、1982年にはヘッドが4バルブとなってフェラーリ308GTBクワトロバルボーレが追加された。フェラーリ308GTBクワトロバルボーレの「クワトロバルボーレ」はイタリア語で4バルブの意味である。
スパイダーであるフェラーリ308GTSクワトロバルボーレもある。
フェラーリ308GTBシリーズはフェラーリ308GTBクワトロバルボーレでは最終モデルとなる。
フェラーリ308GTBクワトロバルボーレでは最高出力240HP(ヨーロッパ仕様)まで高められた。

1984年にはフェラーリ308GTBをベースにしたフェラーリ288GTOが登場する。
1985年のフランクフルト・ショーでフェラーリ308GTB/フェラーリ328GTSは、ひとまわり大きくなったボディにパワーユニットの排気量を3.2リッターにアップしたものを搭載した。車名はフェラーリ328GTB/フェラーリ328GTS"と変更された。ターンシグナルやフォグランプを内蔵したフロントグリルが備わったのがフェラーリ308とフェラーリ328の外観上で最大の違いである。


フェラーリディーノの関連記事はこちら